« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年9月

私が好きなアルバム24

どうも。

ナンニモシタクナイ、ナンニモデキナイジブンガキライ・・・の
2星人に羽交い絞めにされて寝込んでいたjamieです・・・。

具体的にいうと食事を摂るのはもちろん、
用を足しに動くのも辛いです・・・。

記事はある程度、ためているのにそれをUPする事すら
できずにお休みを頂いていました"○j乙

今は小休止といったところでしょうか。。。

また羽交い絞めにされると思うと憂鬱です。キツいです。。。

また更新が滞っていたら「あ、またなのね。」とでも
思って下さい・・・_| ̄|●

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

前回の続きです。

999f

Suzanne Vega / 99.9F°

プロデューサーは2作とも、コステロで有名な
そして、スザンヌ・ヴェガの(当時の)旦那でもある
Mitchell Froomです。

こちらのアルバムの方が先なのですが、
アルバムとしての統一感は???です(笑)

シングルのようにヴォーカルにエフェクトをかけて、
アヴァンギャルド(?)ちっくに仕上げた曲があるかと思えば、
今まで通りのフォーク調の曲もありと、色々な曲が入っています。

この曲は特に好きで何回も聴いちゃいます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

Nine_objects_of_desire

Suzanne Vega / Nine Objects Of Desire

このアルバムを聴いて、最初の1曲目で驚いたのは・・・

スザンヌ・ヴェガが強く歌ってる!∑(゚ω゚ノ)ノ キュ!!!

あ~、びっくりした(笑)
これは革命ですよ~!

アルバムとしては、前作と比べると統一感があり、
かなり洗練されているかな~と思います。

ミッシェル・フレームの本領が発揮された、
良質なPOPアルバムですね。

この曲にこのPVもなかなかです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

私が好きなアルバム23

どうも。

ここ最近、頭と心がとても忙しいjamieです。

何があったわけじゃないんですけどねぇ。
何もやる気が起きません・・・。
季節の変わり目のせいでしょうか(´・ω・`)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

今回は2回に分けて同じアーティストのアルバム3枚を
紹介させて頂きたいと思います。(予定)

まずは古めのアルバムからの紹介です。

Solitude_standing

Suzanne Vega / Solitude Standing

フォークがベースと思うのですが、それをバンド風にして
少し変化をつけているという感じ。

スザンヌ・ヴェガ自身もアコースティック・ギターを持って、
文字通り“爪弾いて”います。

ヴォーカルは中低音あたりの声質でボソボソと歌う
独特のスタイルで哀愁を漂わせています。
それなのに、すごく澄んだ感じがするんですね~。

名曲です。

Lukaという子が受けている幼児虐待を歌った歌で、
イントロ~歌い出しからキュンキュンきてしまいます(´ノω・。)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

リミックス版です。

こちらもスザンヌ・ヴェガの代表曲のひとつではないでしょうか。

アルバムだと、本当に“歌だけ”です。
ブレスの音とか、聴いた時はかなり新鮮でした。

秋らしく(?)脱ロック、だけど暗すぎないアルバムを
聴きたい方にオススメの1枚です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スタジオ行ってきました。4

どうも。

最近、ホットドックばかり食べているjamieです。

アメリカ独立記念日のホットドック早食い大会に出るの?
ってくらい食べてます(笑)

さて。。。

お馴染みのスタジオに行ってきました。

メンバー3人+1人と特に変わった事はないのですが・・・(笑)

なんだか、自然(?)と最近はオリジナルばっかりやっています。

先日は私のオリジナルを演ってもらって、歌っている時に
(やっぱ、なんかキー低いかも・・・)と思ったので、
常備していたカポを相方にはめてもらいました。
相方、カポは初めてだったので、ちょっとドキドキ(?)みたいでした。
いきなり、逆にはめてるやんけ~!(相方の故郷大分弁・笑)
で、はめ直したら、おもむろに写真を撮って、送ってくれました(:D)┓

Photo

半音上げました~。

やっぱり、ちょうど良くなったです(*´ェ`*)b

オープンコードを多用する私たちとしては、スタジオでカポを
今まで使っていなかったのが不思議なくらいですが・・・。

そして、ベーシストのはずのLは、すっかりドラマーに(笑)
ドラムがいないと弾く気にならないそうでcoldsweats01
自らを“ボトマー”と呼んでいました(笑)
でも、細かい事はできないので、最近は椅子とスネアとハットを
セットの中から引っ張り出して、ブラシで叩いています。

なんか、アコースティック・ライブみたいだね!

なんて言ってると、エレアコ熱が再燃しそうだわ・・・。

と、まぁ、まったりとスタジオを終えて、いつものように
まったりとス○バでお茶して帰ってきました~。

ビバ!マッタリ!((´I `*))♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

相方からリクエストメールが来ました。

私も好きなSaladというバンドです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私が好きな映画3

どうも。

最近、物欲星人以外にも憑かれているのが、ネムネム星人という
jamieです。ZZzz…(。-ω-)。。ooO((【・:*:・夢・:*:・】))

冬眠ならぬ、秋眠です。(そんなのある?・笑)
この前は6時に目が覚めて、一瞬、朝か夜か分からなくて、
かな~り焦りましたcoldsweats02

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

今回、紹介させて頂く映画はこちらです。
Billy_eliot

BillyElliot / リトル・ダンサー

Amazonによる解説

“1984年のイングランド北東部の炭鉱町。
母親を亡くしたばかりの11歳の少年ビリーは、
炭鉱労働者の父の命令でボクシングを習っていたが、
その練習場の隣でバレエ教室が開かれたことから、
たちまちクラシックバレエに魅せられてしまう。
バレエ・ダンサーに憧れる少年の成長を描き、日本でも
今年ロングラン・ヒットとなった微笑ましいヒューマン感動作。
オーディションで選ばれた主演のジェイミー・ベルの可愛らしさと
美しいダンスの数々は、世界中で評判となった。
クラシックバレエを題材にしながらも古典的ではなく、
あくまで現代的感性で描き切ったことも成功の一因だろう。
監督はロイヤル・コート・シアターの芸術監督出身で、
これが映画長編デビューとなったスティーヴン・ダルドリー。”

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

こういう映画、大好きです!(*´ェ`*)

まず、イギリスの炭鉱町。という設定がいいです。
家々が立ち並ぶ、いかにも労働者住居区の雰囲気が
個人的にはたまりません。
なんでだろうな~・・・。
はっきりいって、ここに住む人はストなどしてるから
貧乏なんですが・・・(・ω・;A)
女装に目覚めている友達。というのもイギリスっぽいですね(笑)

イギリスでは労働者階級の人はサッカー選手になるか、
ロックスターになるかしか抜け道はない。と言われていますが、
これもその中に入るのではないでしょうか?

最初は大反対していたお父さんの息子の夢を叶えてあげたい。
という思いと行動にはジーンときました・゜・(。´ノω・`)。感動

あとはやはり、主役のジェイミー・ベルのダンスが最高です。
クラッシックバレエを習っているのだけど、ロックな曲に合わせて
踊ったりするので、全然、堅苦しく感じません。
見た目も可愛いし(●≧艸≦)゛(そっちかい・笑)

とにかく、観て損はしないと思います。

やっぱり、イギリスはいいなぁ・・・+.゚(●´I`)b゚+.゚

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私が好きなアルバム22

どうも。

最近、何かというと物欲に繋がってしまうjamieです_| ̄|●アレモコレモ

あと、オヤジギャグを笑ってくれるまで言い続けます。
さすがに、これは自分でも「あかんやろ!」と思うのですが・・・
誰か、こんな私を止めて下さいウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!(笑)

さて・・・

今回、紹介させて頂くのは、アメリカはLAのバンド Maroon5 です。

このアルバムを買ったきっかけは・・・
シングルが気に入ったのと、もう半分はジャケ買いです(赤・・・笑)

Songs_about_jane

Maroon5 / Songs About Jane

初めて聴いた時は、アメリカのバンドなの???
と、ちょっと驚きました。
全然、アメリカっぽくない!(ノ*´Д)ノビッ栗!!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

1曲目です。
アルバムの中ではロックっぽい曲だと思います。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

大好きな曲です。

こうやって聴いてみると、実は私はテレキャスの音が
好きなのかも・・・(・ω・;A)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

大ヒットした曲ですね。

おっしゃれ~♪

この曲を聴いて、アルバムを買いました。

最近、新譜が出たようなので、You Tube でチェックしたのですが、
3~4曲聴いて、1曲も気に入る曲がありませんでした・・・shock

何というか・・・
こじんまりとし過ぎというか、大人っぽすぎというか・・・。
アルバム買ったら、コケそうな香りがプンプンします。。。

やはり、買うな。という事ですかね( ̄-  ̄ ) ンー

最近、買い直したいCDがいっぱいあるし、アンプも欲しいし・・・
物欲星人につきまとわれている身としては失敗はしたくない。
というのが、本当のところ。。。

誰か、物欲星人いりませんか?(笑)
ちっちゃくて可愛いですよぉ~Ψ( ̄∀ ̄)Ψケケケ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

物欲星人、居座る・・・|冫、)

どうも。

9月になったというのに物欲星人が離れてくれないjamieですcoldsweats02

今日は本題の前にちょっと脱線を・・・。

ついに入手(大袈裟)しました。

781

Bigぷっちんプリン ソーダ味

ではでは・・・ぷっちん♪ ジャジャーン!

青いです(笑)

785

ぷっちん♪したからには食べなくては・・・。と買っておきながら
罰当たりな考えを持ちつつ、スプーンを手に。。。

パクッ!

・・・・・うん。

ソーダの味がしました。ァ '`,、'`,、'`,、((´∀`●)) '`,、'`,、'`,、

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

何事もなかったかのよに本題へ・・・。

先日、このようなミニ・アンプを見つけてしまいました。

Vox_mini3

VOX MINI3

詳しい商品説明はこちらをご覧下さい(:D)┓ペコリ

何がいいって・・・アンプ・モデルに
UK’70、UK’80、UK’90があるのが最高です+.゚(●´I`)b゚+.゚

もうこれだけで欲しいです(笑)

アンプはもう何年も持っていないので、宅録の時などは
アンプシュミレーターとコンパクトエフェクターでLine録音で、
ちょっと物足りなさも感じていたところでした。
かといって、LIVEで使うような大きいアンプを買うほどでもない。
それに置いておくスペースもない。。。ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン
といった感じのところ、これを見つけたわけです。
重さでみても、2.8kgという軽さ。結構、小さいですよね。
価格も超低価格です。 そんなわけで、もう・・・
インテリアになってもいいから欲しいっ!(笑)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

更に、同じくVOXでマルチが出ている事も発見。
ずっと以前からあったのかは、コンパクト派の私には
分かりませんがsweat01、これまた超低価格と1.6kgという
コンパクトさと、ペダルのVOXの文字に釘付け・・・
なんか、レトロな感じがよくないですか?(笑)

Tonelab_st

上のアンプとこれを買っても20000円で足りるという!

思わず、遊びたくなっちゃうところです(●´艸`)ムフフ.。oO

(。゚ω゚) ハッ
これも物欲星人の罠かも知れません。。。
年内いっぱい我慢できたら私の勝ち。という事で(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

私が好きな映画2

どうも。

昨日、ついにアレをゲットしてきたjamieです。

アレといったら、アレです(笑)
最近、猛烈に気になっていたものです。

明日にでもUPしますので、乞うご期待~!??

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

今回はこちらの映画を紹介させて頂きマ━d(*´ェ`*)━ス☆

The_commitments_2

The Commitments / ザ・コミットメンツ

Amazonによる解説

“舞台はアイルランドのダブリンで、ソウル・バンドを作りたいと
夢見るジミー(ロバート・アーキンス)は、新聞広告で仲間を募集し
「ザ・コミットメンツ」を結成、徐々に人気は高まっていくが、
同時に内輪もめも多くなっていき…。
『フェーム』『エビータ』など、優れた音楽センスには定評のある
アラン・パーカー監督ならではの音楽青春群像映画の秀作。
ここではバンドの結成から解散までを、インタビューによる
回想形式や、鮮やかな編集の妙を駆使して描いている。
出演はほとんど演技経験のないミュージシャンばかりとのことだが、
皆が皆個性豊かで、その演奏も聞いててすこぶるごきげんに
なるものばかり。
安易なハッピーエンドに終わらせず、ほろ苦さを残しているのもいい。”

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

随分と前に観た映画ですが、時々、また観たいなぁ。って
思ったりします。

演奏シーンが盛りだくさんで、飽きる事なく観れると思います。
肝心の演奏の方は・・・みんなミュージシャンなので本物です!

舞台がダブリンという事で、お国柄のようなものも
伝わってきて、なるほど~。と納得。
ビールがぬるそうとか(笑)、フライドポテトにはビネガーか!とか。
なんだか新鮮です。
あと、アイルランド映画って、大抵、子沢山ですよね(ノ∀≦。)ノ
(それも、宗教上の理由からですが。。。)

随所にほのぼのとするシーンや、ユーモアもあり・・・
こうやって書いてるそばから、また観たい!(`・ω・´)
特にジミーのお風呂でのインタビューシーンは笑えます!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

楽しそうです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私が好きな映画1

どうも。

体内時計が崩壊気味のJamieです。
おかげで、いつでもどこでも眠いですZZzz…(。-ω-)。。ooO

8月終わっちゃいましたね~。
9月といっても、まだ暑い日は続くようなので、
みなさん、お体には十分お気をつけ下さい(:D)┓ペコリ

さて、今回は新シリーズを作ってみました。
映画が好きなので、好きな映画を紹介していきたいと思います。

+.゜ (*´人`)゜+.゜ ョロシクォネガィシマス+.゜

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

Whats_eating_gilbert_grape

What’s Eating Gilbert Grape / ギルバート・グレイプ

Amazonによる解説

“身動きできないほど太ってしまった過食症の母、
18歳で知的障害をもつ弟アーニーと、2人の姉妹。
田舎町アイオワ州エンドゥーラで、亡き父の代わりに一家を支え、
希望や夢を抱く暇さえない日々を過ごすギルバート。
だが、自由で快活な旅人ベッキーとの出会いが、
彼の心に少しずつ変化もたらした。
大切な絆だが、ときに束縛にもなる「家族愛」を切り口に、
ギルバートの青春の一片をみずみずしく描いた感動作である。
『ショコラ』『サイダーハウス・ルール』などの癒し系作品で有名な、
スウェーデン出身のラッセ・ハルストレム監督。
彼のハリウッド進出第1作目だ。
出演する映画を選ぶことで有名なジョニー・デップが、
このオファーには即OKしたというエピソードを残すほど
魅力的なストーリー。
また、当時若干19歳にして成熟した演技を見せるディカプリオは、
本作でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。
ほか、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のジュリエット・ルイスら、
若手豪華キャストらの名演技も見事だ。見どころ満載の逸品である。”

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

この映画は何回も観てるほど好きな作品です。

今や、パイレーツ・オブ・カリビアンでハリウッドセレブになった
ジョニー・デップですが、この頃は上の解説にあるように、
すごく作品を選んでいて、派手な作品には出ていませんでした。
そんなジョニー・デップが昔からすごい好きでした。
まぁ、でも・・・ジャック・スパロウも好きなんですが(笑)

そして・・・
私はこの作品でディカプリオを初めて観たのですが、
まだ当時は今のような大スターではなかったので、
この子は本当にこういう子(知的障害児)なんだ。と
思ってしまったほど、素晴らしい演技を披露しています。

青春モノを観たいけど、特に候補がないな~。なんて時に
是非、是非、観て欲しい映画です。

とってもいいですよ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »