« 乗り違い・・・。 | トップページ | PC不調につき・・・。 »

本当のところ。

どうも。
こんばんは。Jamieです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・

3月11日の東日本大震災から、今日で丸5ヶ月が経ちました。

震災以来、私なりに情報収集を欠かした日はないと思います。

この5ヶ月で一つでも完全にクリアできたものはあるだろうか?
山積みになった色々な問題、収束の兆しが一向に見えない問題、
奪われたもの、奪われた人達、捨てるもの、紡いでいくべきもの。
それらの本質を見極めようと目をこらしても、
そこには様々な立場の人間の様々な思惑が見え隠れして・・・
なぜ、本当の事を言わないのですか?教えてくれないのですか?
そんなに利権や特権、お金が欲しいのですか?
それが望みなのですか?それが心からの幸せなのですか?

つまり、本当のところは何なのですか?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・

今回の震災は二次災害、三次災害・・・もっとありますね。
それらは、ほぼ人災によるものですが。。。

例えば、6月下旬にあったこの出来事です。
これには、ショックと切ない気持ちでいっぱいになりました。。。

 「私はお墓にひなんします ごめんなさい」

“福島県南相馬市の緊急時避難準備区域に住む93歳の女性が
6月下旬、こう書き残し、
自宅で自ら命を絶った。
東京電力福島第1原発事故のために一時は家族や故郷と離れて
暮らすことになり、原発事故の収束を悲観したすえのことだった。”

【遺書の全文】 (うまくアップロードできてない為、調整中です)

私は直筆のものが掲載されている記事を見て知ったのですが、
このお婆さんが、どれだけの想いで“避難”する決意を
便箋に綴ったのかを考えてしまい、涙が溢れてきました。。。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・

上の方と同様に被災地で福島第一原発による放射能汚染で
避難を余儀なくされたり、酪農、農業や漁業で生計をたてて
いらした方々が、いつまで経っても先が見えない状況に絶望して、
本来ならば選びたくなかった、選ばずに済んだかも知れない道を
選ばざるを得なくなってしまったという現実。
この現実を知れば知るほど、それを生み出した人間や体制には
激しい憤りを感じます。それと同時に、その現実に対して、
長い間、無知でいた自分自身の不甲斐なさも痛感しています。。。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・

私自身は関東の比較的海側に住んでいます。
大地震の時は、こちらもかなりの揺れがあり、そこから数時間は
伝達網がマヒしたり、更に数週間は生活に必要なものが
手に入らない状態でした。
けれども、それらは東北地方に住まれている大勢の方々が
目の当たりにした信じられない光景や、それにより大切な家族や
友人や住み慣れた家を失われた方々の悲しみ、
その後の心身共に苦痛を伴う避難所生活、衣食料不足等々の
苦労や心労と比較するのは、大変申し訳なく、
とてもじゃないけど出来ない程度のものだったと思います。

その後、暫くは、人災である放射能汚染についても
(関東でも、多少はあるだろうな・・・。)程度に考えてはいましたが、
その認識は私の身近な友人に、関東脱出を考えている。と
伝えられた事で、自分は甘かった。と、思い知らされたのです。

その身近な友人とは・・・以前から、こちらのブログで何度も
紹介させて頂いていたバンドの相方の事です。
彼女はヴィーガン(純菜食主義者)なので、当然1人息子くんにも
菜食メインで安全で安心できる食べ物を厳選して育てていました。
過去形なのは・・・放射能汚染の被害がここ関東にも広まってきて、
相方が求める、安全で安心できる食材を手に入れる事が、
とても難しくなったからです。
それと、とても重大な問題。被曝そのものから息子くんを守る為。
そして、出した結論が関東から九州へ移住する。でした。
この決定は、7月頭に相方から知らされていたのですが、
彼女がブログで明言するのを待っていた。というのと、私自身、
長い付き合いの相方が遠くに行ってしまうというショックや不安、
やりきれない気持ちが想像以上にとても大きかった為、
ようやく今になり、このブログで書かせてもらう事にしました。

相方と同じ様に小さなお子さんを持つ家庭が、話し合いの末、
お子さんを被曝から守るべく、関東を出て移住する。という
苦渋の決断をされるケースが少なくない現状を、
日々の情報収集の中でも目にしてしまう事も増えました。。。

相方の移住後も、相方は私と一緒に音楽がやりたい。と、
有難いことにしっかりと伝えてきてくれました。
具体的に、どういう形で一緒に続けていくのかは、
相方が一時疎開先の九州から引越しの準備をする為に、
関東に戻ってきた時に時間を取ってもらい、話し合い、
そして、お互いの今後を励ましあえれば。と、願っています。

今年の3月11日は、あの一瞬で、本当に多くの人達の人生を
大きく変えてしまい、そして、これからも変え続けていくのだろう。
と、思いを巡らせずにはいられないのです。。。

|

« 乗り違い・・・。 | トップページ | PC不調につき・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

自分の実家、目と鼻の先まで津波が来ましたけど、幸い残ってます。
『ヤバくなったら、俺んとこ来いよ』と伝えてますし、ネットサーフィンしてると“あんな状況になってまで沿岸部に住んでる人は・・・”なんてことも読んだ事があります。
要は、“好きで避難しないんだから淘汰されちゃう”みたいな。
けど、色んな家庭の事情や新生活を送ることの出来ない人はたくさん居るんです。
そこに留まることしか選択の余地はない人が。
命が大事ってのは分かってても、再就職出来ない年齢の人は留まることしか出来ませんし。
心のどっかでは、“もう安全なトコなんて無いんじゃないか?”とも思ってしまいます。
自分も仮に両親が他界してたり、兄弟が居なかったり、子供達が居なかったり、再就職先が確実にあるならば、別の土地に移ってる確率が高かったと思ってます。
だけど、そういう訳にも行かないのですよね。
俺、どうしたらいいんだろ?って思うけど、正直なとこ、答えは出ません。
ココに居るしかないんだよな・・・ってことくらいです。

投稿: 昆布 | 2011年8月12日 (金) 01時12分

震災であの時に失われたもの
その直後、なんとかできたはずなのに失われたもの
今もなんとかできるのに失われつつあるもの
そして、このままでは失われてしまうもの

ものと書きましたが、「人、こと、気持…」なども含めます
どれに思いをはせても胸がシクシクします。

戦争という大きな苦しみを乗り越えてきた、おばあさんが
お墓に避難しますと自ら命を絶つ…ひどすぎます。

ただ、とりわけ、私があれから強く思うこと

私は幼い命が大人よりガンを発症していく未来は、いけない!
と特に思うのです。でも、このままでは現実化。

で、その回避を個人の選択にゆだねている。
子どもとともに避難した人、避難できなかった人どちらも苦悩は大きい。
本当のところ…
政府はに子どもにも今までの
20倍もの基準値をあてはめて、逃げています。

日本は過去に2発も原爆を落とされながら、今年3月に、その何十倍もの放射能被害を
自ら招いた…

これを1発アウトと思わずに、やることやらないで、原発再稼働なんて、とんでもないと思うのですよ。
飛行機乗るのがこわいから飛行機必要ないのか?というレベルの話ではありません。
飛行機落ちても、日本が何百年も汚染されるわけではない。

でも、権力者たちはそう思っていないのね。
せめて、国民は署名したり、デモ参加したり、
文句言い続けるしかないかな…と

今年は私の生きてきた年月の中で、日本、最悪の年だと思っています。
でも、ギター、夢中で弾いているんです。
逃げではありません。日常が1番大切だからです。
おばあさんは日常を奪われて生きていけなくなった。
私はまだお気楽だ。
不公平です。申し訳ない気持を持ちながら
理不尽なことが進まないよう、自分に何ができるか、考え、あきらめず生きたい…かな。
長文失礼しましたぁー!、つい、熱くなっちゃうね


投稿: MIKI | 2011年8月12日 (金) 12時34分

大人は意外と頑張れるけど・・・
福島から避難してる小学生がイジメにあうというのは許せないです。。
放射能が移るから!!
そんな事、小学生が自分で思って口にする言葉??
中には居ると思いますが、親の無知な1言がキッカケという場合もあると思います。
情報をしっかり流す事が必要ですよね。
隠す日本・・・・カッコ悪い。

投稿: DON | 2011年8月13日 (土) 17時25分

>昆布さん

返信が遅くなり、申し訳ありませんm(_ _)m
どの様に返信をさせて頂いたらよいのかを
ずっと考えていました。

>“あんな状況になってまで沿岸部に住んでる人は・・・”
>なんてことも読んだ事があります。

私も何度か目にしました。
そういった“物好きもいるもんだ”的なコメントを読むと、
正直、毎回イラッとします。 違うだろ(怒)と。

>そこに留まることしか選択の余地はない人が。

昆布さんが言われている様な方が大勢いらっしゃるという
現状も(恐縮ですが・・・)存じ上げています。
もし…今回の記事で、昆布さんが、私も↑の人達のように
様々な事情があり移住されない・出来ない方々を
好奇の目で見ている。と感じられたとしたら…それは
全くの誤解ですが、私の言葉が足りなかった所為かも
知れませんので、きちんと謝らせて頂きたいと思います。
私は移住された方々も移住出来ない方々も被災者であり
被害者でもあると考えています。
私の相方は移住をする側ですが、その決断にもまた
苦悩があります。相方の旦那であり、うちのバンドの
ベーシストであるLは、今のまま関東に残るのです。
やはり、仕事が理由なので逆単身赴任の形です。
夫であり、子供の父親であるLと離れて暮らす決断に
至った相方の家族の辛い気持ちも計り知れません。
移住するのも、移住しないのも、移住したくても
そうはいかない。という人も、皆それぞれに悩みや
不安や苦悩があるのですよね。やるせない気持ちです。

>正直なとこ、答えは出ません。
>ココに居るしかないんだよな・・・ってことくらいです。

昆布さんの様に考えている方も大勢いらっしゃると
思います。考えたり悩んだりした所で、現実問題として、
どうすることもできない。という方々が。

現実、私も被曝してるはずです。だけど…ここ関東に
残っています。でも、本来なら責任を果すべきの人らや
国の思惑通りに、問題の実態を探り、それを考えて、
おかしい事はおかしい。と発信する事を諦めさせられる
つもりはない。という気持ちが今回の記事になった。
というのが、私の本当のところ。でした。m(_ _)m

投稿: Jamie | 2011年8月15日 (月) 01時00分

>MIKIさん

こんばんは。
返信が遅くなりまして、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

>戦争という大きな苦しみを乗り越えてきた、
>おばあさんがお墓に避難しますと自ら命を絶つ
>…ひどすぎます。

御高齢の特にずっと同じ土地で暮らしていた方を
振り回す。というのは肉体的苦痛はもちろん、私達には
計り知れないほどの精神的苦痛があったと思います。
お婆さんから安住の地を奪った人達に怒りを込めて、
心の底から叫びたいです。
「お婆さんの御家族に、お婆さんを返してあげて下さい。」

>で、その回避を個人の選択にゆだねている。

まず委ねる。には、しっかりとした説明が必要ですよね。
あとは、正しい情報・数値、科学的な統計・根拠など、
それがあり初めて選択する事ができるのだと思います。
でも…これらの情報は、個々で多面的に時間を割いて
情報収集をしないと分からないというのが現状ですよね。
つくづく、おかしな話だと思います。

>子どもとともに避難した人、避難できなかった人
>どちらも苦悩は大きい。

全く同感です。

>本当のところ…政府はに子どもにも今までの
>20倍もの基準値をあてはめて、逃げています。

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/600/79535.html
これですよね?

>やることやらないで、原発再稼働なんて、とんでもない

今夏はあれだけ言われていた計画停電をせず、尚且つ
東京電力はこの猛暑日が続く中、電力が足りなくなった
東北電力にも、連日、電力を融通したらしいですが、
それでも“東京電力が発表している電気予報”に
おいてですら、まだ余裕がありましたよ。
現在、東京電力の原発は17基あって、稼動しているのは
3~4基のはずなのですけど・・・。
確かに、節電という事で以前より街は暗くなりましたが、
もうとっくに慣れたので全然気になりません。

>理不尽なことが進まないよう、自分に何ができるか、
>考え、あきらめず生きたい…かな。

本当、そうですよね!
あ~、私も今回はかなり熱くなっちゃいましたcoldsweats01

投稿: Jamie | 2011年8月15日 (月) 02時26分

DONさん

お待たせして、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

>福島から避難してる小学生がイジメにあうというのは
>許せないです。。

ですよね。ホント、ひどいと思います。

>放射能が移るから!!
>そんな事、小学生が自分で思って口にする言葉??

もし私に子供がいて、そんな事言ったらお仕置きもん
ですよ。あ、でも、他所のコでもしちゃうかもです…。
逆に私の子供が言われたら、すごく悲しいです。。。

>中には居ると思いますが、親の無知な1言がキッカケと
>いう場合もあると思います。

それは否定できないですよね。。。
小学生くらいの子供ですと、まだまだ正直ですもんね。
「だって、パパとママが言ってたんだも~ん。」とか、
そういうところも正直に言いそうですbomb(苦笑)

投稿: Jamie | 2011年8月15日 (月) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361603/41123108

この記事へのトラックバック一覧です: 本当のところ。:

« 乗り違い・・・。 | トップページ | PC不調につき・・・。 »