« 雪とパジャマと、パピお。 | トップページ | PRAY FOR US. »

1年経っても。

どうも。
Jamieです。

今日は日本人の大半の方が、
去年3月11日に起きた“東日本大震災”と、その後に
東北地方沿岸を襲った大津波、そして、東電福島第一原発事故…
これらの映像を再度目にし、想いを廻らせているかと思います。

私個人としては、ここ数日、TVでの映像・特集番組以外でも、
当時や現在の映像をYouTubeで探して見たり、関連する記事や、
被災地の現状のルポを読んだりしています。
映像では、地震と大津波に自然災害の恐ろしさを改めて感じ、
原発事故に関する記事では、色々な気持ちに襲われました。
(私自身、関東在住なので、現在も進行している原発事故による
放射能汚染の問題も注視せざるを得ないのが実状です…。)

去年の今日起きた大地震からはじまった、
大勢の方々の生活、人生を大きく変えてしまった過酷な現実…。
今なお、改善されていないたくさんの問題…。
1年経っても、それらを想うことは私の中で途切れることなく
続いていて、これからも忘れることはないだろう。と
悲しくもはっきりと感じました。

けれども、それで終わらせてしまうのではなく、私個人はもちろん、
一人一人が自ずと (自分には何ができるのか?) と考えられること、
そして、それをどんな形であれ、たとえ少しであっても…行動し、
積み上げていく事が大きなチカラとなっていくのではないでしょうか。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・

|

« 雪とパジャマと、パピお。 | トップページ | PRAY FOR US. »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

1年経過しましたね。
自分は両親と、父親を亡くした従兄弟に連絡入れました。
『もう震度4くらいまでなら全然動じなくなっちゃったよ』って言う人も多くなりましたが、従兄弟は言葉少なく、『やっぱこえーね』って言ってました。
自分も従兄弟と同じように、どんなに小さくても揺れが体感出来るほどだと身構えてしまいます。
こえーなーって思います。
あの日から、どの問題も後回しに出来ない難問が山積みになりましたよね。
職場の同僚達も新しく家を建てるって人も居れば、震災当初からほとんど話の進展もないまま仮設住宅で暮らしてる人もいますし。
少しずつしか改善していかないのも承知の上で、両親の生きてる間に新しい町に生まれ変わればいいな・・・って思います。

投稿: 昆布 | 2012年3月14日 (水) 22時34分

>昆布さん

こんばんは。

従兄弟さんのご両親やお父様というと…
昆布さんにとっては、おじ・おば様にあたる方々ですよね。。。
身内の方々との突然のお別れ…というのは、
本当にやり切れなく、さぞ辛かったとお察しします。
ここで、普通の(?)大人でしたら“ご冥福を~”と言葉を
掛けさせて頂くのでしょうが、私はその言葉の意味を未だに
理解・納得してなく、安易に使うのは抵抗があるので…。
それよりも、被災された方々や残された方々の
心や生活に平穏が戻るように…と切に願っております。

昨日は、また三陸で大きい揺れがありましたよね。
津波警報が出たので、すごく心配でした。

動じず、だけど、すぐ動けるようにと身構えておくのは、
毎日心穏やかではいられないですけど…必要ですよね。
でも、昆布さんや従兄弟さんにしてみたら、地震に対して
ある種のトラウマがあるのも仕方ないですよね。。。

色々な問題…2000t以上あるという瓦礫の処理も
まだまだですし、今なお仮設住宅で過ごされている方々も
大勢いますし、放射能汚染についても、今頃になって
“当時、実はこうでした。”みたいな話が出てくるわ、
食べ物の○○からセシウム検出。とか…
逆に問題が増えてない?と思って凹んだり…。
あと、瓦礫の問題とかも深刻ですけど、私としては
被災された方々の心のケアも大切ではないのかなぁ。と
感じています。
実際、どの位のカウンセラーの方が支援されているのか、
こちらにはあまり伝わってきていないので…。
昆布さんのご実家は、当時、すぐ側まで津波が来た。と
言われてたので、町並みは随分と変わってしまったの
でしょうね…。
1年経って、ご両親はいかかですか?
体調など崩されたりしてはいませんでしょうか?

投稿: Jamie | 2012年3月16日 (金) 01時01分

ちょっと来るのが遅くなってしまいました
去年の3月11日から、日本の大地は揺れ続けてますね
活動期に入ったとの話も聞きますから、これからどうなるのだろう…と不安はつのります。

こう次から次では、復興もおぼつかないのでは…と
それだけに常に関心を持つようにしておきたいです。

それにしても、政府の対応といったら…絶望してます
民は民同志で助け合うという活動のほうにお金を出したり、アクションに参加したりしたいです。

投稿: MIKI | 2012年3月16日 (金) 13時48分

>MIKIさん

こんばんは。

>去年の3月11日から、日本の大地は揺れ続けてますね

ですね。
日本列島いたる所で揺れてますよね…。
特に気になるのは、一昨日、三陸沖でM6.8の地震を
計測してから、その後、千葉方面がかなり小刻みに
揺れ続けています。。。
なので、ウチ親に警戒態勢でいるよう言われました。
それでも、実際、震度7とかきたら…想像し難いですが、
多分、冷静でいられないでしょうね…。

>政府の対応といったら…絶望してます

私としては、あの日の対応からして有り得ないですね。
あと、最近、特に挙げられる瓦礫処理の問題とかはですね、
「ん~…。」と思うことが多いです。
その「ん~…。」を、ここで詳しく書いたら、すごい長さに
なってしまうので、今回は省略させて頂きますが。。。

とにかく、ここでハッキリ言えるのは、
私は私ができることをやる。ということですね。

投稿: Jamie | 2012年3月16日 (金) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361603/44432826

この記事へのトラックバック一覧です: 1年経っても。:

« 雪とパジャマと、パピお。 | トップページ | PRAY FOR US. »